前へ
次へ

人材派遣会社を通す利便性とは

最近の雇用状況の改善によって、国内の求人数は右肩上がりに伸びています。どの業種も基本的には求人数を増やし、新卒、転職者、派遣にとっては、望ましい状況が続いています。ところで、企業が雇用する形態には直接、企業側が採用する場合と、人材派遣会社を通して採用する場合があります。後者の場合のメリットにはどんな点が挙げられるでしょうか。企業はいったん就職してしまうと、社内で問題が生じた場合には社内で解決するのが基本で、その場合、直属の上司を通して問題を解決することが多いでしょう。この点、人材派遣会社からの派遣社員の場合には、派遣先の企業の上司に問題を解決を求める点は同じですが、雇用関係がある派遣元の企業に相談をすることも可能です。これは、派遣先の企業の対応がまずい場合、直接雇用関係の従業員の場合には、労働基準監督署や弁護士など外部に助けを求めざるをえません。これに対して、派遣社員の場合には、派遣元の企業に相談をすることで解決を図ってくれることができます。これは大きなメリットと言えるでしょう。

Page Top